4歳児の育児で限界を感じた時の対処法3選

赤ちゃんだった子どもも気づけば4歳。

心も体も大きくなってくれて嬉しい反面、

イライラすることが多く、

育児に限界を感じているお母さんも

多いのではないでしょうか。

 

4歳ともなると、物事がよく分かってきて、

自己主張も多くなる年頃です。

 

口が達者になり、

少し注意すると反抗して

倍で返ってくることも多いです。

 

4歳児の主張に相手をしていて疲れを

感じるお母さんもいることでしょう。

4歳児の育児で限界を感じた時の

対処法についてご紹介させていただきます。

 

子どもの褒めてあげられる部分を見つけるように意識する

4歳になると、自分でできることが

増えてきて、できることが

当たり前のようになってきます。

 

いつもできることが、できていないと

忙しいお母さんはイライラして

しまいがちですが、子どもは

まだ4年しか生きていません。

 

経験値もなければ、興味のあるものが

多くて好奇心の旺盛な時期です。

 

たまには、いつもできていたことも

できないときもあるでしょう。

 

できなかったからと言って、

お母さんが落胆していては、

お母さん自身も疲れが溜まり、

子どもにとっても悪影響でしょう。

 

できなかった時は、優しく注意や説明をし、

子どもができることに注目して

褒めてあげることを意識しましょう。

 

子どもの褒めてあげられる部分を

見つけてあげることで、

子どもの成長が感じられ、

イライラや疲れも軽減されるでしょう。

 

褒められると子どもは嬉しいものです。

褒めると子どものやる気が

出てくることも期待できます。

 

また、褒められて嬉しそうな顔を見ると、

こちらも嬉しくなり自然と笑みも出てきます。

 

最近怒ってばかりだと感じているお母さんは、

子どもの嫌な部分ばかりに目をやらず、

子どもを褒めてあげられる部分を

探してあげるようにすると

怒ることも少なくなってくるかもしれません。

 

子どもの成長記録を見る

4歳児の育児に限界を感じた時は、

子どもの赤ちゃんの頃からの

成長記録を見ると心も落ち着くでしょう。

 

成長日記や、写真や動画を見返すと、

子どもがよくここまで育ってくれたという

嬉しさや懐かしさが出てくるでしょう。

 

1歳2歳の頃はよく病気をしていた子どもが、

4歳の今では病気になる頻度が

減っていることに気が付くかもしれません。

 

この4年間で子どもと共に、

お母さんも成長していることに

気が付くかもしれません。

 

子どもの成長記録を振り返ることは、

ここまで元気に育ってくれた子どもに、

感謝できる良いきっかけになるでしょう。

 

あの頃はこうだったよ、

ああだったよと、子どもと一緒に

写真や動画を見ることもお勧めです。

 

子どもと一緒に振り返ることで、

子どもが大きく成長できていると

強く感じることができるでしょう。

 

また、子どもにとっても、いろいろなことが

できるようになったという

自信にもつながり、良い刺激になるでしょう。

 

子どもと一緒に散歩に出かける

家にいると、お母さんは家事で

やることがいっぱいです。

子どもの相手を十分にしてあげることが

難しいと感じている方も多いでしょう。

 

家にいると、次々とやることが

出てきてしまうものです。

 

ご飯を作りながら子どもの話を聞いたり、

家事の合間で子どもと遊んだりしても、

子どもにとっては物足りないと

感じているかもしれません。

 

もっとお母さんに話を聞いてほしい、

もっとこっちを見て遊んでほしいと

思っているかもしれません。

 

そのような時は、思い切って

家事は一旦休んで、

外に散歩に出かけてみると良いでしょう。

 

外に出かけると、家事のことは

一旦忘れてお母さんにとっての

気晴らしにもなります。

 

子どもとの会話も集中して

できるようになるでしょう。

 

手をつないでゆっくり

歩きながら会話するだけでも、

普段聞くことのできない

子どもの思っていることなども聞けて

子どもとの密な会話の中から

成長を感じることもできるでしょう。

 

外だったら公園などでは、

思いっきり走ってもジャンプしても、

周りを気にしなくて済むので、

子どもも体を思いっきり動かすことができ、

リフレッシュできるメリットがあります。

 

お店などに出かけると、

あれ買ってこれ買って攻撃が始まるので、

お母さんが家の中で、子どもに疲れたと

感じた時は、散歩程度で出かけることがお勧めです。

 

まとめ

 

以上のように、4歳児の育児で

限界を感じた時は、子どもの成長が

感じられる行動に出ると

お母さんの心も落ち着きやすいでしょう。

 

子どもの成長を感じることで、

子どもへの感謝の気持ちも生まれ、

より子育てを頑張れるパワーも

生み出すことができるでしょう。

 

できるのが当たり前だと

思っていたけど子どもはこんなに

できることが増えた、

子どもはこんなに会話が

できるようになり成長した、

と改めて気づくことは、

イライラしたり疲れ切っている

お母さん自身の今の姿を

振り返る機会でもあります。

 

子どもはお母さんには

笑っていてほしいものです。

 

育児が限界だと疲れ切っている時は

子どもの成長を振り返り、

子どもに怒った顔や疲れた顔を

見せた倍以上、笑顔を見せて

子育てをしていきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加