三兄弟の育児真っ最中のお母さんのブログ大公開!

初めまして。

子育て真っ最中、小四の長男、小一の次男、

2歳の三男をを育てているお母さんです。

 

 

三兄弟と聞くと、あなたはどんな印象を持ちますか?

 

 

自分の子が三人息子だよと答えると、

だいたいこんな言葉を言われます。

 

 

「毎日、賑やかそうだね?。」

「エッ?三人男の子ってすごいね。体力が持たないわ。」

「ご飯の量とか、全盛期はすごい量食べそうだね」

「やっぱり、三人目は女の子が欲しかったの?(ニヤリ)」

などなど。

 

 

三兄弟のお母さんなら、私も言われる

という言葉ではないでしょうか?

 

 

中には見知らぬおじさんから、

「お母さんの遺伝子が濃いんだね・・」なんていう

セリフも言うわれることもあります。

 

 

男の子のお母さんって聞くだけで

女の子のお母さんに比べて、強そうとか

たくましそうという印象を持たれるのではないでしょうか?

 

昔は私だって、おしとやかな可愛い女性だったはずなのに

って思いませんか?

 

世の中の人から言われるこんなセリフを、

自分の機嫌が悪い時には、またこんな風に

言われちゃったと思うこともありますが、

いえいえ私自身、男の子でもウェルカムの気持ちで、

望んで授かったのですからなんの文句もありません。

 

 

でも、またかと思うこともしばしばですよね。

 

 

しかし、三兄弟の実生活はすごいものです!

毎日が戦場、目もぐるぐる、足も両足器用に使って、

一石二鳥ならぬ一石三鳥?っていうくらい

頭と体をフル回転させて。いかに効率よく動き、

いかに早く作業を丁寧に終わらせるかを考えております。

 

 

しかし面白いものですね。

男の子三人、顔はそっくりなのですが、

やはり一人一人性格が違くて、実に面白い!

きっと長男は将来、おっとりとしたお嫁さん。

次男はテキパキしたお嫁さん。

三男は可愛いお顔のお嫁さん。

 

 

って、もう想像ができちゃったりします。

三兄弟のやり取りの中で、このような性格を

作り上げているのでしょうね。

 

 

いや、男子力を自然と高め合って

くれている最高の環境ですね!

 

 

って綺麗にまとめようとしましたが、

毎日髪の毛が気がつく頃には乱れていたり、

お肌が紫外線に当たりすぎて

ボロボロになりますので、

気を付けていきたいですね!

 

 

そして男の子のママならではの品格

 

 

どうしても男の子だと大きな声で、

何度もアナウンスしたくなることばかりなのです。

小さい声でも、面白い声でも、

オペラ風に言っても聞いてない(笑)

「ハンカチ入れたの??」「靴下履いたの??」

と、やっていないたびに聴きたくなります。

だんだん声の大きさも大きくなりますよね?

 

 

でも最近思うんです。もうやめよう。放っておこうって。

親という字は、木の上に立って見る、

見守る。これ本当に難しい。永遠のテーマです。

 

 

難しいけれど、親として頑張ろうって思うんです。

大人になるにつれて、自分で失敗しないと

わからないことだから。お友達や先生に

自分が言われて、治そうって思える日が来るまで(笑)

 

 

人に迷惑をかけなければ、いいかなって。

思うんですよ?でも、どうしても

お母さんだから言いたくなっちゃいますよね。

 

 

女の子はその点、言う回数が少ないのかな?

想像でしかわかりませんが。

まあとにかく、頑張りたいですね!

 

 

そして毎日の労働は、洗濯物と飯炊き母ちゃんです!

 

 

成長期の子供たちのご飯の量。

すごい量になっています。需要と供給が追いつきません!

 

 

餃子の量は、50個から100個にレベルアップ。

いかに野菜を練りこんで、肉とのバランスを考えて(肉を抑えて)

具を増やせるか、コストを下げて、

いかに美味しく栄養がいいものを作れるか。

 

 

昨夜も子供たちが寝た夜中に、お鍋をコトコト。

飯炊き母ちゃんの作業がありました。

夜中の作業は、飯炊き母ちゃんと、

スーパーの半額祭りへの戦いです!

 

 

夜のスーパー、半額祭り。最高のストレス発散。

家計にも自分の心にも余裕と潤いを与えてくれます。

 

 

安く買って、その分他の品数を増やす。

最近はそうやってやりくりしてます。

 

 

いや本当に児童手当が上がっても、

旦那さんが一生懸命働いても、子供三人を

大きくするのって経済的に大変ですよね??

 

 

子供が大きくなることへの喜び、経済的不安、

貧乏暇なし、最近わたしの頭の中を

駆け巡るワードでございます。さあさあ、

お父様にも仕事を今以上に頑張ってもらわなくては。

 

 

歳を重ねることにレベルアップしていく三兄弟。

そして、それを支えるお母さんの試練を

つらつらと書いてみましたが、

共感していただける部分はあったでしょうか?

 

 

三兄弟のお母さん、一緒に頑張りましょうね!

でも本当に三人も子宝に恵まれただけでも、

奇跡でとても幸せなことですもの。

反抗期もありますが、力も態度も

年々負けてきてしまいますが、いつまでも

最高に可愛いお母さんでいたいものですね。

 

 

私は、三兄弟のお母さんに見られないように(笑)、

あわよくばお母さんにも見られない、近所のお姉さん風を

醸し出しながら、育児をしていきたい所存でございます。

 

 

国の宝、三兄弟をこれからも精一杯育て上げて、

頑張っていきましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加