子育てと仕事の両立…ストレスを抱えてしまうママの本音とは⁉

この現代、子育てをしながら働くママさんは

とても多いのではないでしょうか?

わたしもその1人です。

仕事は家庭の収入が増えるのはもちろん、

その他にもやりがいや生きがいを感じることができたり、

充実感を得られたりなど多くのメリットがあります。

しかし、その反面、子育てと仕事の両立に対して

ストレスを抱えてしまうママさんも少なくないようです。

ではどういったことが原因で

ストレスになってしまうのでしょうか?

また、ストレスをできるだけ抱えずに

働くためにはどうしたらいいのでしょうか?

今回はそこに注目してお話していきたいと思います。

子育てと仕事の両立。ママたちの悩みとは

37a741ebe0dad8c83a48f5e506a13b72_s

ではまず、どうして子育てと両立することに

ストレスがかかってしまうのでしょうか?

①夫に対してのイライラ

専業主婦だったころ…。

夫に対してイライラすることってありませんでしたか?

子育てに協力的じゃない、

子育てへの理解をしようとしない、

親になりきれていない…いろいろあったと思います。

そんなイライラは妻が仕事をし始めると

同時に増すことが多いようです。

よく聞く話では、

・仕事のない休日に自分だけのんびりしている

・時間を自由に使えることが多い

他にもいろいろあると思いますが、

この2つがとても多いストレスの原因だそうです。

私は数か月前まで専業主婦をしていたのでわかりますが、

専業主婦ですら毎日の家事と

子育てだけで1日が終わってしまい、

自分の時間は本当にごくわずかです。

ですから、もちろん仕事をするようになれば

さらに自分の時間は無くなっていきますよね。

朝早く起きて出かける準備、

子どもの送り迎えに、食事の用意、

掃除に洗濯、子どもと遊ぶ時間、

子どもをお風呂に入れ、寝かしつけに夜泣き…。

やることは本当に山ほどです。

そんな中、仕事が休みの日に

夫はゴロゴロのんびり、妻はせかせか家事・育児…。

それはイライラもしてしまいますよね。

②職場への気遣い・気疲れ

子どもは園に行くようになれば

風邪などをうつし・うつされの繰り返しです。

とくに保育園に入れて初めの数か月は

本当に風邪の回数が多く、

多いと月の半分を看病のため

欠勤・早退しなければなりません。

そうなってしまうと、

職場に迷惑がかかってしまう=

一緒に働く人たちに対して気を遣い気疲れしてしまうのです。

こういったことが主な原因となり、

他にも育児疲れや仕事疲れが重なっていき、

ストレスへと変化していくのです。

できるだけストレスを抱えずに働くには

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s

お次は子育てと仕事との両立で

ストレスをできるだけ軽減して生活していく方法を、

わたしが実際に実践した内容を

少し踏えた上でお話ししたいと思います。

まずは家族会議を設けて

まずは1度、家族…とくに旦那さんと

2人きりで話し合いの場を設けてみてください。

もしも、これから働くという方の場合は

働き始める前にできるとベストかと思います。

そして、お互いの仕事形態

(休みの曜日や働く時間)などを把握したうえで、

お互いに働く時の役割分担について話し合いましょう。

家事が苦手だったり遅い時間まで

働かれている旦那さんでしたら、

子育てだけでもしっかりと協力をしてもらいましょう。

家事はそれぞれのご家庭での

考え方があるかもしれませんが、

子育てはそもそもママとパパの2人でしていくものです。

遠慮をせず、きっちりとここまではして欲しいと

明確に伝えることが大切かと思います。

これは私の夫が話していたのですが、

毎日子どもと向き合っているママと違い、

パパというのは子どものお世話はもちろん

遊び方も教えてもらわないと分からないそうです。

わたしはこの話を聞くまでは、ただたんに

夫は子育てに積極的じゃない。

毎日傍で自分が遊び相手になったり、

お世話をしているのをみているのだから分かっているはず。」

勝手に思い込んでいました。

正直話を聞いたときは驚きましたは、

それからはして欲しいこと、

パパとして求めていることを

私自身が頭で整理できるように

紙に書き起こして渡すようにしたら、

とまどっていることもありましたが、

なんとか子育てに参加してくれるようになりました。

ですから、皆さんも話し合いをしてみてください。

もしかしたら新しく気付かされることもあるかもしれません

家事は時短テクニックをマスターする

こればかりは経験の積み重ねで

慣れていくしかありませんが、

時短テクニックを身につけるように

意識していくといいかと思います。

時短テクニックの1つとして

代表的なものが食事を休みの日に

まとめて下ごしらえまで済ませて、

冷凍などをしたり、副菜を作り置きしておくことです。

最近ではそういった様々な時短方法が

載った本やサイトがありますので、

自分に合いそうな方法をぜひ見つけて、

時間にゆとりを作ってみてください。

頑張りすぎ、マジメすぎはNG!

これはどちらかというと精神面の

話になってしまいますが、簡単に言うと

「何事もほどほどが大切」ということです。

ママたちは毎日ほぼ

24時間体制で一所懸命がんばっています。

ですからたまには手抜きをしたっていいと思うのです。

たとえば…

・家事をしたいけど、子どもが寂しそうだから

たくさん遊んであげなければ

・食事は栄養面に気を付けてバランスよく作らなきゃ

・掃除や洗濯は毎日しなければ

このようなことを考えたことってありませんでしたか?

ちなみに私はすべてあります(*_*)

しかし仕事をするようになると、

最初のほうで書いたように

今まで以上に時間に縛られた生活になります。

その中で「~しなければ」

と考えてしまうとママ自身、パンクしてしまいます。

たまには何品も作ったり

栄養バランスを考えたりせず

簡単な食事でもいいのです。

おかずがお惣菜だっていいのです。

とにかく頑張りすぎないことを意識してみてください。

そうすれば、きっと気持ちに余裕も出てくることでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

子育て、家事、仕事の両立…。

時間配分や作業効率など、

どうしても慣れてくるまでには

時間がかかってしまうと思います。

それは仕方のないことです。

ですから、先ほどもお話ししたように

まずは頑張りすぎないこと、

気を張りすぎないことを意識してみてください。

肩の力を抜いてみてください。

そうすればきっとストレスの

少ない日々をおくれることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加