どうにも子供の体調がよくない…。

ただの風邪のはずなのに、かかりつけの

小児科に通っていても全然よくなる気配がない…。

 

 

体調の悪い子供はぐずぐず、

それを世話する私もストレスの限界。

 

そんな時に発せられた、小児科の先生からの一言。

 

「紹介状を書きますから、一度大きい病院で

入院してしっかり治療してみてもらってください。」

 

これまでの長引く子供の苦しさを考えたら

仕方ないし、それが一番いいのは分かっています。

 

 

けれど、子供の入院なんて未知の世界…。

入院に向けた準備をしながらも、

私の心は不安だらけでした。

 

 

初めての入院、持ち物は?

05_子供が入院!入院中の育児ノイローゼの病院での解消方法in小児科_1

大人の入院と同じく、病院からは入院の際に

必要なものが書かれた案内が渡されます。

 

 

下着の着替え、歯ブラシなどの日用品、

入院の手続きに必要な書類などなど、

本当に大人の入院と同じことしか

書いていないんですね。

 

 

私自身は入院したことがあるので、

何の疑問も抱かずにそこに書かれていたものを

準備して、子供とともに病院に向かいました。

 

 

しかし、私は甘かったです。

当時子供はまだ2歳。具合が悪いとはいえ、

おとなしく寝ているだけの退屈な生活に

耐えられるわけがありません。

 

ましてや点滴やお薬の吸入(当時、子供は

気管支ぜんそくの疑いで入院していました。)、

まだ自分で痰をうまく出すことができないので

痰の吸入、という苦しい治療…。

 

 

当たり前だけれど、気分転換になるものが

必要だということを、私はすっかり失念しておりました。

 

 

よく考えればわかることなのに、

子供の初めての入院、かなり動揺しておりました。

 

 

結局、実家の母にお願いして、

自宅まで子供の大好きな絵本を取りに

行ってもらう羽目になってしまいました。

 

お母さん、ごめんなさい。

 

 

親子で病院閉じこもりきり、心配だけどストレスフルな毎日…どこで吐き出せばいいの?

05_子供が入院!入院中の育児ノイローゼの病院での解消方法in小児科_2

子供がまだ小さいうちの入院は、当然

親も付き添いが原則です。特にうちは

2歳児でしたので、子供が寝ているとき、

もしくは誰かほかの人に子供を見ていて

もらっている間以外は、トイレすらいけない状態でした。

 

 

また、入院している子供にはご飯は出ますが、

付き添っている大人の分のご飯は出ません。

 

 

子供の病状の心配をしながら、自分のことも限られた時間やいろんな制約の中でこなしていく…。

05_子供が入院!入院中の育児ノイローゼの病院での解消方法in小児科_3

 

正直、これは至難の業です。一人で抱え込もうとしていたら、

私まで病気になってしまっていたでしょう。(笑)

 

 

じゃあどうしたらよいのか?簡単です。

とにかく、いろいろな人を頼ることです。

 

 

私は実母にかなり助けてもらいました。

実母に子供を見てもらっている間にトイレに行き、

自分の食事を売店で買いこみ、時間が許されれば

近くのスーパー銭湯にも行かせてもらいました。

 

 

しかし、これをお読みになっていらっしゃる方の中には

「そんな頼れる親戚がいない」とおっしゃる方も

いらっしゃるでしょう。

 

 

そんな時に頼りになるのが、同じ部屋に入院している

お子様を持つお母さんです。

 

 

みなさん、それぞれ病状も同じとは限りませんし、

親子ともに年齢も同じとは限りません。

 

 

しかし、毎日同じ空間で子供のことを

心配している親同士、やはり日を追うごとに

不思議な連帯感が生まれてくるのです。

 

 

そうすると、さすがにスーパー銭湯は無理ですが、

トイレや自分の食事の買い出しなど、少しの間なら

お互いに子供を見ることで助け合うことが

できるようになってくるのです。

 

 

仲間意識ってすごいですね。さらに、他にも

メンタル面でも助け合うことができちゃうんです。

 

 

同じ空間にずっといて、話す機会も増えてくると、

自然に心の壁がなくなっていくんです。

 

 

もちろん専門的な話は担当の先生や看護師さんに

聞くのが一番ですが、お母さんをやっている以上、

病状の説明を受けるだけでは、

ぬぐいきれない不安がありますよね。

 

そんな時に、頼りになるのが、

この同じ病室のお母さんたちなんです。

 

 

「うちの子先生に○○の疑いがあるって

言われたんだけどさ、△△さんの周りに

同じ病気の子っています?」という病気に関するお話や、

 

「旦那が全然来てくれないんだよねー。

1日ぐらいでいいから代わってほしいのにー。」

という旦那さんへの愚痴や、

 

「義理の両親がお見舞いに来てみかんを

置いて行ってくれたんだけど、まだ青くて

食べれないじゃん!」といった他愛のない話などを

とにかくたくさんして、閉じ込められているという

ストレスからの解放、子供の病気に対する不安などを

解消していけるのです。

 

 

本当に仲間って大切だなあ…

大人になってからしみじみと感じました。

 

 

「人薬(ひとぐすり)」ってやっぱりあるよね。

 

病気のことはもちろんお医者さん、

看護師さん、薬剤師さんなど、プロの方の

協力なくしてはよくなるものもよくなりません。

 

 

しかし、病人本人ではなく、それを支える家族にとっても

入院は一大事であり、ストレスから来る病なども

起きたりしてしまいます。

 

 

そんな時はやっぱり「他の人の手を借りること」。

これがとても大切になるんだなあと実感いたしました。

 

 

幸いにも私の子供の病気は治りましたが、

これから、もしくは入院加療中のお子様が

いらっしゃるお母さんは、ぜひ、

周りの人に甘えてみてくださいね

きっと、今より楽になりますよ。

育児をしていると、

イライラしたり、

不眠症になったり、

赤ちゃんが泣いてしまうと

イラッとしたりすると思います。

 

それは、皆が感じることなのですが、

怖いのはそれが酷くなると

育児ノイローゼになることです。

 

さらに症状が酷くなると、

可愛いはずの我が子が

可愛く思えなくなり、

更に自己嫌悪におちいります。

その症状が育児ノイローゼなのかもしれません。

 

育児ノイローゼは

誰でもなる可能性があるのですが、

普通の人よりなりやすいタイプがあります。

どんなタイプがなりやすいのかと、

そうなった時の対処法を紹介します。

 

育児ノイローゼになりやすいタイプ

e723529d6f618576912f343f914f38f3_s

・真面目なママ

とにかく真面目なママはなりやすいです。

育児の理想をかかげ、

真面目に取り組もうとするママは注意が必要です。

 

育児書には、こう書いてあるのに

赤ちゃんが違う行動をすると、

なぜ?なにがいけないの?

私が悪いの?と自分を責めてしまいます。

 

赤ちゃんも一人の人間です。

ロボットではないので、

育児書の様に全て同じ行動を

するわけではありません。

 

・子どもと意志疎通が出来ると思ってるママ

赤ちゃんと意志疎通が出来ないのは当たり前です。

赤ちゃんはまだ何も分からなくて当たり前です。

意志疎通が出来るのは、

ある程度大きくならないと無理なのです。

 

・近くに相談できる人がいないママ

同居や近くに両親や、ママ友など

頼れる人がいればいいのですが、

周りに誰もいなくて、

相談する人や愚痴を言ったり

する人がいないと、

余計にストレスが溜まってしまい

内にこもってしまいます。

 

・いつも赤ちゃんと二人きりのママ

旦那さんは仕事で日中いないと、

どうしても二人きりになってしまいます。

 

いくら子どもを愛していても、

二人きりの時間が多いと

イライラする事が増えます。

 

・初めての子育てするママ

初めての子育てだと、

分からない事や初めての事が沢山あり、

ストレスやプレッシャーがかかります。

 

そのため、自分で自分を限界まで

追い込むママが多いです。

 

・旦那が協力、理解をしてくれないママ

旦那が協力や理解がないと、

子育ての全てを一人で背負い込む事になります。

 

そうすると、一人で全ての子育てを

頑張らないといけなくなり、

ママがオーバーヒートしてしまいます。

 

育児にストレスを感じた時の対処法

nerivill1-1905261_640

・診療内科に行く。

育児でストレスが溜まっているなぁと

思っている人は、育児ノイローゼに

なりやすい環境・状況なのかもしれません。

 

もし、ストレスを感じたら、

周りに相談して、育児ノイローゼに

なりやすい環境・状況を改善できないか

考えてみてください。

育児ノイローゼの症状が出たら、

診療内科に行って、

今の環境・状況の改善をするのも一つの方法です。

 

・旦那さんと話をして理解を得る。

上記でも説明したように、

育児をする環境も関係してきます。

 

でもやはり一番大事なのは、

一番近くにいて、

一緒に育児をしないと

いけないはずの旦那さんです。

 

旦那さんが協力・理解をしてくれない事が

一番のストレスになります。

 

旦那さんに協力・理解をしてもらえる様に

話し合う事が大切になります。

 

女はお腹の中に居るときから、

母親として自覚しますが、

男は産まれてしばらくしないと、

自覚することが出来ません。

 

話し合いの中で、

旦那さんがまだ父親としての

自覚がないと分かれば、

何度もゆっくり話し合いをすることで、

父親としての自覚が芽生えるかもしれません。

 

・周りに相談できたり、愚痴を言える人を探す

 

周りに相談する人や愚痴を

言ったりする人がいないの中で

子育てする環境もそうです。

 

近くに両親がいない場合は、

電話などで親に愚痴るのもありですし、

電話で無料で育児相談を

聞いてくれる機関もあります。

 

市町村は保健センターなども、

保健師さんが悩みや相談にのってくれたり、

家庭訪問をしてくれたりします。

 

そういった機関を利用して、

相談出来る人や愚痴を

言える人を探しましょう。

 

診療内科での診断・治療とは

hand-3035665_640

育児ノイローゼは病名ではありません。

症状によって、うつ病、自律神経失調症、

不安障害不安神経症などの病名がつきます。

 

治療方法としては、二通りあります。

1、投薬治療

症状によって、抗うつ剤や

精神安定剤などが処方されます。

 

投薬により、心が落ち着いたり、

体が楽になったりします。

2、カウンセリング

カウンセリングによって、

育児をしている環境や、家族の事や、

本人の性格などを話し、心の問題を解決します。

 

受診をする時は、家族も一緒に

受診をすることをおすすめします。

 

治療を進める時に、

家族の理解や協力が必要不可欠になります。

育児ノイローゼが酷い場合は、

入院をしなくてはいけない場合もあるのです。

 

育児ノイローゼは誰でもなる

可能性がありますが、

周りの環境・状況やママの性格なども関係します。

 

育児書に書いてある事だけが、

正しいのではありません。

育児に正解はありません。

 

十人十色と言う言葉があるように、

赤ちゃんも一人一人個性を持っています。

 

育児はこういうものだと始めから決めつけず、

肩の力を抜いて、育児を楽しんでみてください。

育児書を読むのはいいのですが、

それが全てではないという事を

頭の片隅に入れておいてくださいね。

二人のお子さんを育てることに

なって疲れていませんか。

 

一人でも苦労したのに、

二人の子育ては忙しさが今までの

比ではないと思います。

 

でも思い詰めてノイローゼに

なってしまっているとしたら問題です。

あなたが二人の子育てによって

ノイローゼになっているのであれば、

それを回避するための対処法

ご紹介したいと思います。

あなたの悩みの解決に

役立つと嬉しいです。

 

疲れている自分を認める

sleeping-1159279_640人目の子育ては単純に

一人目の子育てをなぞればいいと

言うものではありません。

 

同じ兄弟でも当然個性があります。

上の子はおっぱいをよく飲んだのに、

下の子は全然飲んでくれない。

 

上の子はパパが抱っこしても寝たのに、

下の子はママじゃなきゃ眠れない。

例を挙げたらキリがありません。

 

しかも二人の子育ての大変さは

1+1ではなく、上の子のことも

考えないといけないので

どんどん膨らんでいきます。

 

思い通りにいかない、

自分の時間が全然とれないということで

あなたのストレスも溜まる一方でしょう。

 

子どもについつい辛く

当ってしまうこともあるかと思います。

 

他のママはちゃんと二人でも

三人でも育てているのに

どうして自分だけこんなに

イライラしているのかと思い、

母性が足りないのではないかなどと

考えているようであれば、

それは間違っています。

 

どこのママも同じような

悩みを抱えています。

イライラするのは

当たり前のことなのです。

 

そこを認めないで、自己嫌悪に

陥ってしまうと、それがノイローゼの

原因となってしまいます。

 

誰にも完璧にこなすことが

できないほど子育ては大変なのです。

それが二人となると余計です。

 

まずはそこを認めていくことから始めましょう。

 

悩みを話せる人を探す

comfort-536896_640

自分の疲れを認めることができたなら、

その悩みを他の人に話すことで

発散していきましょう。

 

子育てで疲れている時に

相談できる相手がいることは

とても心強いです。

 

旦那さんが好ましいところですが、

親や兄弟というのもお勧めです。

 

あなたの頑張りを、優しく

認めてくれる相手だと

癒され効果も期待できます。

 

同じような境遇のママ友が

近くにいたら悩みも共有できて良いですね。

 

ここで話すというのは愚痴も含まれます。

疲れているあなたに

愚痴る権利は十分にあります。

 

思っていることや不満を

吐き出しておくだけでも

ストレス解消になります。

 

逆にため込むことの方が

ノイローゼになってしまいます。

 

近くに適した人がいない、

知っている人に自分の悩みを話すことに

抵抗があるという場合は、

電話相談の窓口をお勧めします。

 

お住まいの行政のホームページにも

相談窓口は載っていますし、

民間でもいくつかあります。

 

完全匿名で話すことができますし、

電話なので顔も見られることなく

いつでも相談することができます。

 

相談員は子育ての経験が

ある人が多いので、

具体的なシチュエーションにも

有効なアドバイスが

もらえるかもしれません。

是非相談してみてください。

 

負担を振り分ける

father-1633655_640

同時に二人の子どもの相手をするのは、

心身共にとても疲れます。

 

自分の子どもなので、自分で

極力面倒を見たいと思うでしょうか、

ずっと一緒というのは

負担が大きすぎると思います。

 

だからこそ、その負担を時には

他の人にすこし担ってもらうことも必要です。

 

旦那さんが休みの日に、

子どもを任せて少し息抜きに行くことや、

お互いに子どもをどちらか一人だけ

担当して過ごすということも

重要になってくると思います。

 

自分一人で全てをこなそうと思うと、

それがストレスになって

ノイローゼになってしまいます。

 

それを避けるには、その原因から一時的に

離れて自分を休ませてあげることが大切です。

 

一時的に子どもを預かってくれる施設や、

保育園の一時保育を利用するのもお勧めです。

 

用事もないのに預かってくれるのかと

思うかもしれませんが、そういった理由での

預かりも受け入れてくれる場所もあるので、

気兼ねなく使ってみると良いと思います。

 

リフレッシュして、また気持ちも新たに

子どもと向き合う方が

きっと良い方向に進みます。

 

上の子の自立を促す

tree-3335400_640

これは徐々にできれば素敵なことですが、

この機会に上の子の自立を促していきましょう。

 

ママがとても大変だと伝えて、

お手伝いをしてくれるように

お願いするとよろしいかと思います。

 

初めは逆にあなたが面倒を見る

必要があって大変でしょうが、

子どもが成長する

きっかけにもなりますし、

何か一つでも任せられる仕事があると

あなたの負担ものちのちに

軽減されると思います。

 

子どもが年長者としての自覚を持つことで、

自信もつきますのでこの方法は

タイミングをみて、

是非とも試してみていただきたいところです。

子どもの頑張りにあなたも

勇気を与えられるでしょう。

 

子どものためにもリフレッシュを

kawamuraIMGL4515_TP_V4

あなたがリフレッシュをするようにして、

ノイローゼを回避することは、

何よりも子どものためになります。

 

ママが疲れ果てて、

ノイローゼになってしまって

相手をしてくれなくなることは

子ども自信も悲しい思いをしてしまいます。

 

なるべくママには元気でいてもらいたいと

子どもも願っています。

 

あなたが笑顔で子どもと接して、

あなた自身も幸せになるためにも

ノイローゼを回避する対処法は

身につけておいていただきたいです。