私は24歳で第1子を出産しました。

 

 

夫も同じ年で、看護職をやっている私は

周りに同じ時期に出産した友達は

多くありませんでした。

 

 

出産後1年間は、育休をもらいました。

育休期間は、子どもと2人になる時間が多くて、

もっと色んな人と話をしたいし、

社会にも早く出たいなと思う事も良くありました

 

 

1歳を過ぎれば、私も仕事復帰をして、

社会にも出ればストレス発散にもなるし、

きっと子どもも、手がかからなくなるんじゃないかと

思っていました。

 

 

しかし、仕事復帰してからの子どもが

1歳までの期間は本当に大変な毎日でした。

 

 

今回はその頃の体験を書かせていただきたいと思います。

そして、今になってはこうして乗り越えれば良かったなと

思う事がありますので、乗り越え方のお勧めも

書かせていただきたいと思います。

 

 

子どもが1歳になると同時に、仕事復帰しました。

仕事では夜勤はひとまず免除されていましたが、

常勤での復帰だったため、朝早く、帰りも

18:30~19:00頃になってしまいます。

 

 

子どもの保育園生活も始まりました。

恥ずかしがりやで人見知りの性格の我が子は

保育園に慣れるのも一苦労でした。

慣らし保育も1か月行ってやっと慣れた感じです。

 

 

保育園の必要な物の準備も大変でした。

保育園のお布団も準備しなければいけなかったため、

ミシンには沢山働いてもらいました。

 

 

布団など、週末・週初めには持ち物が多く、

雨の日は本当に大変でした。

 

 

仕事では、復帰直後にも関わらず、

重症な患者様を診させていただくこともあり、

仕事でも責任が多くかかっていたので、

ストレスも大きかったです。

 

 

そして、疲れて仕事から帰り、

迎えが一番最後となってしまい、寂しそうな子どもの顔を見て

「今日も遅くなってごめんね」と言いながら、

家に着いたらもう7時過ぎ。

それから、夕ご飯を作りますが、夕ご飯も

手の込んだ物は一切作れず、親子丼などの丼ものや、

魚を焼くだけとか、餃子やレトルトカレーなどでした。

 

 

1歳の頃はまだおもらしもしてしまうので、

洗濯物も多く、夕ご飯を火にかけている間に、

洗濯物(おもらししたもの)を前洗いしておきました。

 

 

子どもは「遊んで遊んで」と足にからみついてくるので、

テレビを見せておくなどしながら過ごしていました。

 

 

が、テレビを見せる時も「もっと私に余裕があったら、

遊び相手もしてあげられるのにな」と

後ろめたい気持ちがありました。

 

 

夕ご飯が出来上がる頃、夫が帰ってくるのですが、

その夫も問題でして…(笑)

夫はバスケットボールが趣味のため、帰って来るや否や

「今日バスケ行ってもいい?」と言うのです。

 

 

怒りがこみ上げ、私は仕事もして、

子どもの迎えも行って、ご飯の支度もして

洗濯物もしておいてるのに、バスケ!!??と。

 

 

あなたとの子どもをお腹を痛めて産んだのも私、

お風呂に子どもを入れたり、ご飯食べさせてあげたり、

食器洗いしたり、洗濯物をたたんだり、

明日の保育園準備したりと、まだまだ

やらなきゃいけないことは沢山残っているのに、

どうしてあなたはバスケに行けるの!!??

としょっちゅう怒っていました。

 

 

そんな怒っている姿を子どもにも

本当は見せたくなかったし、こうして怒らせるのも

あなたのせいだなんて思ってました。

 

 

壁を叩きながら「分かったよ行かなきゃいいんだろ!?」

と行かない日もあれば、何も言わずに出て行ってしまって、

バスケに行ってしまう日もありました。

 

 

子どもはまだ1歳なので、上手にご飯も食べられません。

食べさせてあげようとすると、自分でやりたいと

スプーンを投げてしまったりして、自分で自分でと

何でもやりたがります。

 

 

自分で食べさせると、テーブルの上も下も

食べ物の食べかすだらけになってしまいます。

そのままお風呂に直行して、お風呂に入れてしまいます。

 

 

するとあっという間に21時になり、

寝かしつけの時間で、自分も一緒に

寝落ちしてしまっていました。

 

 

そしてあっという間に朝になり、

また大変な一日が始まります。

 

 

本当にこの頃は毎日疲れ切って、

笑顔なんてすっかり忘れていましたし、

毎日過ごしていくことが精一杯でした。

 

 

1歳児は、まだ自分の伝えたいことを

伝えることもできないので、泣くしかないので、

大声で泣き、手を出そうとするとそれも嫌がり…。

私はどうすればいいか分からず、私も一緒になって

泣いていることも何度もあり、ノイローゼ状態でした。

 

 

現在その頃から6年が経過し、下の子もでき、

気持ちにもとても余裕があります。

年をとったからなのかもしれないし、

子どもが大きくなったからなのかもしれません。

 

 

今は、あの辛い時期を乗り越えられた私だから、

怖いものなしだなというくらい私の人生の強みに

なってくれています。

 

 

現在、育児真っ最中で、辛い経験をしているお母さんへ、

子どもにとって、世界で一番大好きなのはお母さんです。

 

 

お母さんの笑顔が子どもにとって一番の支えであり、

栄養となる事は間違いありません。

 

 

うちの旦那はバスケが好きで当時は

あまり協力してくれませんでしたが、

ぜひご主人や周りの人を巻き込んで、

皆さんでお子さんを育てていき、

お母さん一人で抱えることのないようにしましょう。

ママだって、手が離せない時があります!そんな時、おもちゃを渡しておけば、
おりこうさんにしていてくれる時ってありますよね?でも、それは、
決して悪い事ではありません!それは、赤ちゃんが、子供へ成長するための、
自立できるようになるために必要なことなのです!今回は、赤ちゃんの1人遊びに
ついて、語っていきましょう!! 「赤ちゃんの1人遊びは、いいことなのでしょうか?それとも悪いことでしょうか?」の続きを読む…

1歳のお誕生日をすぎても、はいはいやつかまり立ちばかりで・・・。
という育児の悩みをもつ親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
医学的には、1歳半で歩けるようになれば問題ないと言われていますので、
あともう少しといったところでしょうか?それでも、何とか歩くための
練習に、良い方法を伝授していきましょう♪ 「なかなか一人歩きが出来ない一歳の子供がいます、どうしたらいいのでしょうか?」の続きを読む…

1歳児によくある「イヤイヤ期」これは、第一次反抗期といわれるものですが、
このイヤイヤ期があるということは、自分のことは自分でやらなくてはいけない
ことの準備段階でもあるのです。ですから、イヤイヤ期を恐れる必要はありません。
むしろ、健康に成長している証なんだと思えばいいのです! 「洋服、オムツなどを交換させるだけで嫌がる1歳時の子供には、どう接したらいいのか、教えて!?」の続きを読む…

1歳のお誕生日を迎えた後、赤ちゃんのこれからの睡眠体系は変わってきます!まず、
お昼寝の回数が、一日に2~3回だったのが、お昼前に一回くらいになりますよ。
お昼寝と、夜の睡眠時間を合わせると約12時間くらいが理想的ですが、お昼寝は
どのような感じが理想的なのか、説明していきましょう! 「1歳児の赤ちゃんって、一日の睡眠時間から考えると、どれくらいお昼寝をさせるといいの?」の続きを読む…

よく、「赤ちゃんは、言葉が全く通じないんだから、本の読み聞かせなんか
しなくなって平気よね?」と考えているママがいるかも知れませんが、それは、
間違いです・・・!!赤ちゃんに本を読み聞かせると、将来どんな子に育つのか、
どんなメリットがあるのか、説明していきましょう♪ 「赤ちゃんにも、本を読み聞かせてあげるといいものなのでしょうか?」の続きを読む…

1歳になると、つかまり立ちや、伝い歩きをしたり、イタズラが多くなって、
ママは、目が離せませんよね?それに加え、オムツを交換するだけでも、赤ちゃんは、
嫌がって泣いたり、寝返りをしたりえびぞりをしたりして、本当に大変!そんな時の
とっておきの方法を教えていきましょう! 「1歳児のイヤイヤ期、本当にママもイライラしやすくなるけど、どう対応するべき?」の続きを読む…

赤ちゃんは、一歳になると、大人や、周りの人の言っている言葉を
理解することが少なからず出来てきます。ですが、親のいいつけを守れるのは、
約3歳くらいなのです。でも、言って聞かせることは、とても大切ですよね。
どんなことに気を付けていくべきなのか、説明していきましょう♪ 「一歳児は、まだまだ言葉が分からないけれど、どんなことを注意して言い聞かせる?」の続きを読む…

赤ちゃんも、9ヶ月頃を過ぎると、オモチャや、パパやママの
手を舐めたがったりしてくるものですよね?そもそも、赤ちゃんは、
どうして指しゃぶりをしたり、よだれを垂らしたり、何でも舐めたがるのか、
とっても不思議ですよね。その理由は、一体何故なのか、考えていきましょう! 「1歳前後の赤ちゃんって、舐めたり指をしゃぶったり、よだれだらけ!一体何故?」の続きを読む…

砂場デビューをさせてあげたいけれど、犬や猫の糞があったりで、
衛生面が気になり、砂場遊びをさせるのに、躊躇うお気持ちは、
とってもよく分かります。ここでは、砂場遊びのメリットを踏まえ、
どんな風に遊ばせる工夫が良いのか、説明していきましょう! 「砂場デビューは、やらせた方がいいのでしょうか?メリットはあるの?」の続きを読む…