赤ちゃんだった子どもも気づけば4歳。

心も体も大きくなってくれて嬉しい反面、

イライラすることが多く、

育児に限界を感じているお母さんも

多いのではないでしょうか。

 

4歳ともなると、物事がよく分かってきて、

自己主張も多くなる年頃です。

 

口が達者になり、

少し注意すると反抗して

倍で返ってくることも多いです。

 

4歳児の主張に相手をしていて疲れを

感じるお母さんもいることでしょう。

4歳児の育児で限界を感じた時の

対処法についてご紹介させていただきます。

 

子どもの褒めてあげられる部分を見つけるように意識する

4歳になると、自分でできることが

増えてきて、できることが

当たり前のようになってきます。

 

いつもできることが、できていないと

忙しいお母さんはイライラして

しまいがちですが、子どもは

まだ4年しか生きていません。

 

経験値もなければ、興味のあるものが

多くて好奇心の旺盛な時期です。

 

たまには、いつもできていたことも

できないときもあるでしょう。

 

できなかったからと言って、

お母さんが落胆していては、

お母さん自身も疲れが溜まり、

子どもにとっても悪影響でしょう。

 

できなかった時は、優しく注意や説明をし、

子どもができることに注目して

褒めてあげることを意識しましょう。

 

子どもの褒めてあげられる部分を

見つけてあげることで、

子どもの成長が感じられ、

イライラや疲れも軽減されるでしょう。

 

褒められると子どもは嬉しいものです。

褒めると子どものやる気が

出てくることも期待できます。

 

また、褒められて嬉しそうな顔を見ると、

こちらも嬉しくなり自然と笑みも出てきます。

 

最近怒ってばかりだと感じているお母さんは、

子どもの嫌な部分ばかりに目をやらず、

子どもを褒めてあげられる部分を

探してあげるようにすると

怒ることも少なくなってくるかもしれません。

 

子どもの成長記録を見る

4歳児の育児に限界を感じた時は、

子どもの赤ちゃんの頃からの

成長記録を見ると心も落ち着くでしょう。

 

成長日記や、写真や動画を見返すと、

子どもがよくここまで育ってくれたという

嬉しさや懐かしさが出てくるでしょう。

 

1歳2歳の頃はよく病気をしていた子どもが、

4歳の今では病気になる頻度が

減っていることに気が付くかもしれません。

 

この4年間で子どもと共に、

お母さんも成長していることに

気が付くかもしれません。

 

子どもの成長記録を振り返ることは、

ここまで元気に育ってくれた子どもに、

感謝できる良いきっかけになるでしょう。

 

あの頃はこうだったよ、

ああだったよと、子どもと一緒に

写真や動画を見ることもお勧めです。

 

子どもと一緒に振り返ることで、

子どもが大きく成長できていると

強く感じることができるでしょう。

 

また、子どもにとっても、いろいろなことが

できるようになったという

自信にもつながり、良い刺激になるでしょう。

 

子どもと一緒に散歩に出かける

家にいると、お母さんは家事で

やることがいっぱいです。

子どもの相手を十分にしてあげることが

難しいと感じている方も多いでしょう。

 

家にいると、次々とやることが

出てきてしまうものです。

 

ご飯を作りながら子どもの話を聞いたり、

家事の合間で子どもと遊んだりしても、

子どもにとっては物足りないと

感じているかもしれません。

 

もっとお母さんに話を聞いてほしい、

もっとこっちを見て遊んでほしいと

思っているかもしれません。

 

そのような時は、思い切って

家事は一旦休んで、

外に散歩に出かけてみると良いでしょう。

 

外に出かけると、家事のことは

一旦忘れてお母さんにとっての

気晴らしにもなります。

 

子どもとの会話も集中して

できるようになるでしょう。

 

手をつないでゆっくり

歩きながら会話するだけでも、

普段聞くことのできない

子どもの思っていることなども聞けて

子どもとの密な会話の中から

成長を感じることもできるでしょう。

 

外だったら公園などでは、

思いっきり走ってもジャンプしても、

周りを気にしなくて済むので、

子どもも体を思いっきり動かすことができ、

リフレッシュできるメリットがあります。

 

お店などに出かけると、

あれ買ってこれ買って攻撃が始まるので、

お母さんが家の中で、子どもに疲れたと

感じた時は、散歩程度で出かけることがお勧めです。

 

まとめ

 

以上のように、4歳児の育児で

限界を感じた時は、子どもの成長が

感じられる行動に出ると

お母さんの心も落ち着きやすいでしょう。

 

子どもの成長を感じることで、

子どもへの感謝の気持ちも生まれ、

より子育てを頑張れるパワーも

生み出すことができるでしょう。

 

できるのが当たり前だと

思っていたけど子どもはこんなに

できることが増えた、

子どもはこんなに会話が

できるようになり成長した、

と改めて気づくことは、

イライラしたり疲れ切っている

お母さん自身の今の姿を

振り返る機会でもあります。

 

子どもはお母さんには

笑っていてほしいものです。

 

育児が限界だと疲れ切っている時は

子どもの成長を振り返り、

子どもに怒った顔や疲れた顔を

見せた倍以上、笑顔を見せて

子育てをしていきたいものです。

育児の大きな喜びは子供の成長を

日々感じられることですね。

 

ではその子供の成長を育児日記の形で

残してみてはいかがですか。

 

ベビー用品の専門店や本屋さんに行けば

育児日記は色々と売られていますし、

スマホのアプリもあります。

 

でもここは手作りしてみてはどうでしょう。

お子さんの何気ない毎日を記録することは

後々読み返す楽しみもあるのでお勧めです。

 

育児日記をつける意味って?

baby-2709666_1920

育児日記をつける意味は多くあります。

子どもの日々の成長を記録に残して

大きくなってから読み返して楽しむこともできますし、

私の場合は忙しいパパへの

報告の意味も込めていました。

 

記録に残すことは、その時の

お子さんの成長がどの程度かを

客観的に確認するのにも役に立ちます。

 

例えばいつから寝がえりを始めたか、

立つことができたかなどは

忙しい日々を送っていると

案外正確には覚えていられないものです。

 

誰かにアドバイスを求められた時にも

振り返ることができるので

すぐに答えてあげられます。

 

もし二人目が生まれた時にも

上の子の時にはどうしていたかなどが

思い出せるので大変参考になります。

 

子供が将来大きくなった時に

読ませてあげるのも素敵ですね。

自分がどれだけ愛されてきたのが

よく伝わると思います。

 

育児日記は面倒?

1bcb43706eef64f3e683598689e6e17f_s

毎日の子育てが忙しくて日記なんて

面倒なものはやっていられないと

思うかもしれません。

 

それはあなたが「日記」

という言葉に縛られ過ぎて

いるからではないでしょうか。

 

極端なところ、

私は毎日育児日記を書かなくても

良いと考えています。

 

節目節目や、1週間の出来事を

まとめて書くなどでも十分に価値はあります。

 

しっかりと詳細に書こうと

考えなくて結構です。

一行記録として残しておくだけでも

何もないより、後で読み返した時に

その時の思い出が喚起されると思います。

まずは楽しく続けることが大切です。

 

手作りがお勧めな理由

diary-3119831_640

手作り育児日記がお勧めな理由は

大きく2つあります。

 

●自分の好きなことが書ける

市販の育児日記は彩りも可愛くて、

項目ごとにいろいろと

書き込めるようになっています。

 

手帳式のようになっていて、

日ごと月ごとに書く場所があって便利です。

 

しかし便利ではありますが、

誰にでもピッタリ合うかというと

そうではありません。

 

人によって書きたいことは違うでしょうし、

書き込むところがいっぱいあると

逆にそれがプレッシャーになって

自由に書くことができなくなってしまいます。

 

その点、手作りなら

自分の書きたいことだけを書けばいいので

無駄なスペースなどは発生しません。

 

文字数も自分で決めればいいので

空いている枠をしっかり埋めなければいけないと

いう気持ちになることなく、楽に考えることができます。

 

●徹底的にこだわれる

先ほどとは逆ですが、

書きたいことが多すぎて

市販のものでは追いつかない

というお考えもあります。

 

そんな場合もやはり手作りに限ります。

子供の記録、ご自分の気持ち、

何を食べたかなど書きたいことはいっぱいです。

 

上手にまとめようと思わないで、

書いておきたいことをしっかりと

書いておくことができるので

満足度も高くなります。

 

写真やイラストを加えて、

もっと可愛くしたり、

カスタマイズもし放題です。

 

自分の思った通りに作ることが

できるのが大きな魅力です。

 

ご自分と子供だけのオリジナルな日記は

きっと将来大きな財産になるでしょう。

 

楽しい手作り育児日記の作り方

kawamuraIMGL4515_TP_V4

あなた好みの育児日記は

イメージできましたでしょうか。

 

ご自分のライフスタイルに合わせて作るので、

楽しみながら続けていければいいですね。

楽しい育児日記作りのために

こんなことをしてみてはいかがでしょうか。

 

●シールを貼るスペースを作る

一言日記になったとしても

シールを貼るだけで

とても楽しいものになると思います。

 

その時に、お子さんが好きな

キャラクターのシールを貼ってみたり、

その日のお子さんのご機嫌を表す顔の

シールを貼ってみると

可愛く仕上がりますし、楽しみも増えます。

 

お子さんが自分でシールを貼れる年齢なら

貼らしてあげても喜びますね。

一緒に日記を作り上げることは

また新しい思い出になりそうです。

 

●写真を貼る

手作りと考えた時に定番はやはりこれでしょうか。

 

今はスマホで写真を撮っても

なかなか印刷する機会はないかもしれませんが、

あえて日記の為にプリントアウトしてみませんか。

 

毎日写真を入れるのは大変なので、

1ヶ月分まとめて最初や最後のページに

入れるのがお勧めです。

 

印刷した写真を切り貼りするのは

手作り感がアップして楽しいです。

 

私は思い出の写真以外に、

身長がわかる写真も毎月撮って貼っています。

 

1ヶ月の成長がよくわかって

驚きますので試してみてください。

 

●パパたちにも書いてもらう

イベントや家族でお出かけしたした時の日記は

パパやおじいちゃんおばあちゃんに

コメントをもらうのもおすすめです。

 

日記とは別の特集ページのようになって面白いです。

パパたちにも思い出を振り返ってもらえるので、

後から家族みんなで楽しむことができます。

 

育児日記は楽しいが一番

adventure-2679504_640

育児日記は楽しく続けるのが一番です。

その方法として私は手作りをお勧めしています。

 

大切なお子さんの記録を残して

素敵な思い出にするために、

あなた達家族だけのオリジナルな日記があれば

より絆は深まるでしょう。

 

無理なく続けることが出来るように

ご自分のペースで最高の日記を作り上げてください。

幼稚園、保育園の頃は、いつも寝る前とかに読み聞かせていた
けれど、いざ小学校に入ったら、「あなたは、もう小学生なんだから、
本くらい自分で読みなさい」と突き放していませんか?確かに、
自分ことは、自分でやらせることは大事ですが、せめて眠る前は、
ママの声でリラックスしながら、眠りたいものですね? 「本の読み聞かせ、小学校に入ってからやめると国語力が低下するもの?」の続きを読む…

子供が自転車に乗れるようになるには、個人差があるものですよね?
早い子もいれば、ちょっと時間のかかる子もいるものです!本人が、
乗ってみたい、と言った頃が、的確な時期にも思われますが、子供の様子を
みながら、決めたいものですよね♪ 「自転車デビューは、早くて大体何歳くらからが的確な時期なのでしょうか?」の続きを読む…

小さな子供ほど、歯の磨き方がきちんとできていなかったり
するものですが、出来れば子供の仕上げ磨きは、親がきちんと
してあげたいものです。子供の仕上げ磨きは、一体いつまで
やってあげるのが望ましいのか、考えていきましょう! 「子供の仕上げ磨きは、何歳くらいまですればいいのでしょうか?」の続きを読む…

年長さんになると、いよいよ来年から一年生になりますよね。
こどもちゃれんじなどをやっていないママでも、焦らなくて、
大丈夫!子供は、自然に、字を書くことが出来るようになりますよ♪ 「子供に字を書かせたいと思いますが、いつ頃からやらせるといいの?」の続きを読む…

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日に約16時間くらい寝ていると
いわれています。一歳半すぎくらいになると、午後に一回昼寝を
するようになっていきます。それでは、一歳をすぎた赤ちゃんは、
一日にどれくらいのお昼寝をした方が良いのでしょうか? 「寝る子は、育つ~お昼寝は、どれくらいさせた方がいいのか、教えて!?~」の続きを読む…

人様の子供を預かる際には、初めての人には、緊張の連続ですよね。
でも、性別問わず、子供を預かるということには、自分でも気付かなかった
メリットが沢山あります。どんなことが隠されているのでしょうか? 「知らなかった!子供のお友達を預かることにこんなメリットがあったなんて!」の続きを読む…

電車やバスなどで移動をする際には、階段の乗り降りがとても大変ですよね?
ベビーカーや抱っこ紐を使うなら、時と場所を考えて、臨機応変に選びたい
ものですよね。電車のホームでよく見かけるママ達の様子を参考に、
考えて参りましょう! 「電車やバスを使って、移動するなら、ベビーカーと抱っこ紐どちらがおすすめ?」の続きを読む…

待ちに待った幼稚園の入園。でも、事情があって、延長保育を
希望するママもいらっしゃることですよね。毎日ではなくても、
出来れば、週に一回は、延長保育をお願いしたい、という気持ち、
とても良く分かります。幼稚園を入園させているママは、どんな風に、
延長保育を利用しているのか、教えましょう! 「幼稚園でも、延長保育ってできるの?知っていたら教えて下さい!」の続きを読む…