育児の大きな喜びは子供の成長を

日々感じられることですね。

 

ではその子供の成長を育児日記の形で

残してみてはいかがですか。

 

ベビー用品の専門店や本屋さんに行けば

育児日記は色々と売られていますし、

スマホのアプリもあります。

 

でもここは手作りしてみてはどうでしょう。

お子さんの何気ない毎日を記録することは

後々読み返す楽しみもあるのでお勧めです。

 

育児日記をつける意味って?

baby-2709666_1920

育児日記をつける意味は多くあります。

子どもの日々の成長を記録に残して

大きくなってから読み返して楽しむこともできますし、

私の場合は忙しいパパへの

報告の意味も込めていました。

 

記録に残すことは、その時の

お子さんの成長がどの程度かを

客観的に確認するのにも役に立ちます。

 

例えばいつから寝がえりを始めたか、

立つことができたかなどは

忙しい日々を送っていると

案外正確には覚えていられないものです。

 

誰かにアドバイスを求められた時にも

振り返ることができるので

すぐに答えてあげられます。

 

もし二人目が生まれた時にも

上の子の時にはどうしていたかなどが

思い出せるので大変参考になります。

 

子供が将来大きくなった時に

読ませてあげるのも素敵ですね。

自分がどれだけ愛されてきたのが

よく伝わると思います。

 

育児日記は面倒?

1bcb43706eef64f3e683598689e6e17f_s

毎日の子育てが忙しくて日記なんて

面倒なものはやっていられないと

思うかもしれません。

 

それはあなたが「日記」

という言葉に縛られ過ぎて

いるからではないでしょうか。

 

極端なところ、

私は毎日育児日記を書かなくても

良いと考えています。

 

節目節目や、1週間の出来事を

まとめて書くなどでも十分に価値はあります。

 

しっかりと詳細に書こうと

考えなくて結構です。

一行記録として残しておくだけでも

何もないより、後で読み返した時に

その時の思い出が喚起されると思います。

まずは楽しく続けることが大切です。

 

手作りがお勧めな理由

diary-3119831_640

手作り育児日記がお勧めな理由は

大きく2つあります。

 

●自分の好きなことが書ける

市販の育児日記は彩りも可愛くて、

項目ごとにいろいろと

書き込めるようになっています。

 

手帳式のようになっていて、

日ごと月ごとに書く場所があって便利です。

 

しかし便利ではありますが、

誰にでもピッタリ合うかというと

そうではありません。

 

人によって書きたいことは違うでしょうし、

書き込むところがいっぱいあると

逆にそれがプレッシャーになって

自由に書くことができなくなってしまいます。

 

その点、手作りなら

自分の書きたいことだけを書けばいいので

無駄なスペースなどは発生しません。

 

文字数も自分で決めればいいので

空いている枠をしっかり埋めなければいけないと

いう気持ちになることなく、楽に考えることができます。

 

●徹底的にこだわれる

先ほどとは逆ですが、

書きたいことが多すぎて

市販のものでは追いつかない

というお考えもあります。

 

そんな場合もやはり手作りに限ります。

子供の記録、ご自分の気持ち、

何を食べたかなど書きたいことはいっぱいです。

 

上手にまとめようと思わないで、

書いておきたいことをしっかりと

書いておくことができるので

満足度も高くなります。

 

写真やイラストを加えて、

もっと可愛くしたり、

カスタマイズもし放題です。

 

自分の思った通りに作ることが

できるのが大きな魅力です。

 

ご自分と子供だけのオリジナルな日記は

きっと将来大きな財産になるでしょう。

 

楽しい手作り育児日記の作り方

kawamuraIMGL4515_TP_V4

あなた好みの育児日記は

イメージできましたでしょうか。

 

ご自分のライフスタイルに合わせて作るので、

楽しみながら続けていければいいですね。

楽しい育児日記作りのために

こんなことをしてみてはいかがでしょうか。

 

●シールを貼るスペースを作る

一言日記になったとしても

シールを貼るだけで

とても楽しいものになると思います。

 

その時に、お子さんが好きな

キャラクターのシールを貼ってみたり、

その日のお子さんのご機嫌を表す顔の

シールを貼ってみると

可愛く仕上がりますし、楽しみも増えます。

 

お子さんが自分でシールを貼れる年齢なら

貼らしてあげても喜びますね。

一緒に日記を作り上げることは

また新しい思い出になりそうです。

 

●写真を貼る

手作りと考えた時に定番はやはりこれでしょうか。

 

今はスマホで写真を撮っても

なかなか印刷する機会はないかもしれませんが、

あえて日記の為にプリントアウトしてみませんか。

 

毎日写真を入れるのは大変なので、

1ヶ月分まとめて最初や最後のページに

入れるのがお勧めです。

 

印刷した写真を切り貼りするのは

手作り感がアップして楽しいです。

 

私は思い出の写真以外に、

身長がわかる写真も毎月撮って貼っています。

 

1ヶ月の成長がよくわかって

驚きますので試してみてください。

 

●パパたちにも書いてもらう

イベントや家族でお出かけしたした時の日記は

パパやおじいちゃんおばあちゃんに

コメントをもらうのもおすすめです。

 

日記とは別の特集ページのようになって面白いです。

パパたちにも思い出を振り返ってもらえるので、

後から家族みんなで楽しむことができます。

 

育児日記は楽しいが一番

adventure-2679504_640

育児日記は楽しく続けるのが一番です。

その方法として私は手作りをお勧めしています。

 

大切なお子さんの記録を残して

素敵な思い出にするために、

あなた達家族だけのオリジナルな日記があれば

より絆は深まるでしょう。

 

無理なく続けることが出来るように

ご自分のペースで最高の日記を作り上げてください。

季節の変わり目や、寒い時期などの薄着、寝冷えなどが原因で、
子供は、風邪をひきやすいものです。ウィルスなどに感染しないためには、
日頃からどんなことに気を付けるべきなのでしょうか?
一緒に考えていきましょう♪ 「風邪や、病気、ロタウィルスなどを殺菌するための予防策とは、どんなことでしょうか?」の続きを読む…

本当に手がかかって仕方のない、「魔の二歳児」!でも、どの子供でも
「イヤイヤ期」ってあるものです。対応策は、たくさんありますが、
どんな風に接して、親は、乗り切るのか、先輩ママから色々アドバイスを
させて頂きます♪ 「魔の二歳児と言われるけれど、本当に手がかかって仕方がない、いい方法はないの?」の続きを読む…

赤ちゃんの健康診断で、いつも気になるのは、発育ですよね。
発育に遅れがあったり、お医者さんに、母子手帳などで、
育児の様子で、要観察と具体的に書かれてしまうとショックなもです。
ですが、これからの育児の参考として、お医者さんは、善意で
書いてくれているものですから、こうした評価に一喜一憂せず、
前向きに育児をしていきたいものですね。 「1歳時健診などで、要観察と書かれても気にしなくて大丈夫?」の続きを読む…